生活習慣向上委員会┃無呼吸症候群は口から鼻呼吸に変えればOKは

カウンセリング

治療期間と治療費用

病院

睡眠時無呼吸症候群は、自覚症状のない病気です。治療には様々な種類があり、一人ひとりの状況に合わせて最適な方法を選ぶことが大切です。睡眠時無呼吸症候群の治療には保険が適用されますので、治療費を抑えることが出来ます。

詳しくはコチラ

病気の可能性

医者

鼻づまりだけではなくもしかしたら重大な病気が隠されている可能性があります。睡眠時無呼吸症候群や脳膜炎が主に挙げられるので、症状が治まらない時はすぐに病院へ行きましょう。

詳しくはコチラ

現代特有の病

無呼吸症候群は深い眠りを妨げ睡眠の質を下げます。集中力の低下にも繋がるので、治療したい方は病院で一度診てもらいましょう。

本当は怖い「現代病」睡眠時無呼吸症候群の治療方法

医者

睡眠時無呼吸症候群という病気があります。睡眠時無呼吸症候群とは、眠っている最中に呼吸が止まってしまい、そのせいで十分な休息をとることができず、起きている時に強い眠気や倦怠感、集中力の低下などを招く病気です。症状だけみればあまり深刻な病気ではないように思われがちですが、睡眠時無呼吸症候群の患者は、居眠り運転を起こす可能性が高く、また高血圧や心疾患、脳卒中、糖尿病などを悪化させるおそれもあり、実は極めて危険な病気なのです。 日本の睡眠時無呼吸症候群の患者は増加傾向にあります。「現代病」ともいわれるその理由は、食生活の欧米化や生活習慣の乱れが原因で肥満になる人や、顎が発達していない人が増えたためです。 睡眠時無呼吸症候群の治療は、一般的なものとしてCPAP療法があります。CPAP療法とは、患者に特殊なマスクを装着して空気を送り、睡眠中の気道をしっかりと開けさせる方法です。また、軽度の症状であれば専用のマウスピースをつけるだけで治ることもあります。 睡眠時無呼吸症候群の治療には生活習慣の改善も必要です。危険な状態に陥らないように、日々の生活を見直していくと良いでしょう。

放っておくと怖い!無呼吸症候群とは

無呼吸症候群とは、睡眠時に口や鼻からの呼吸が10秒以上止まる状態を言います。睡眠時のために自覚症状が弱い場合は気づくことのないまま徐々に重症化する可能性もあります。 無呼吸症候群の症状としては、日中の強い眠気や睡眠中の頻回な覚醒などがあります。症状がひどくなると抑うつや集中力の低下を招きます。 無呼吸症候群の原因は多く、肥満や筋の弛緩により軌道を閉塞する場合や脳血管障害や心疾患などによる呼吸中枢の障害によるものなどがあります。治療法としては脂肪狭窄の場合には減量を行う、睡眠時に専用のマウスピースを付ける、外科手術などがあります。 近年はテレビなどでトラックや電車の運転手の無呼吸症候群による事故が取り上げられるなど話題になりましたが、発見されにくいために治療に結びつかないなどのリスクもあり、無呼吸症候群患者は確認されているよりも多いと言われています。

眠り方

病院

睡眠時無呼吸症候群は眠り方を変えるだけで治る場合もあるので、病院で医師に相談しましょう。池袋にある皮膚科では病気を改善するために患者へ様々なアドバイスを行なっています。

詳しくはコチラ